専門用語の解説

土もの:ガラス質を多く含む磁器に対して、陶器のことを「土もの」と呼びます。

粉引き:鉄分の多い粘土に白い泥をコーティングし、透明のうわぐすりを掛けて作る器のことです。独特な柔らか味と温かみがあります。

焼き締め:釉薬を使用せずに焼いた、土そのものの特徴を生かした素朴で味わい深い陶器のことです。

タタラ作り:同じ厚さにスライスした粘土のことを、タタラといいます。型抜きクッキーの生地のように薄くした粘土を使って器を成型します。

釉薬:陶芸で素焼きの上に掛けて焼く、うわぐすりのことです。

染付:磁器のうわぐすりを掛ける前の素地に文様を描く技法です。

ページトップへ